12TB内蔵ハードディスクドライブ「Seagate ST12000VN0008」レビュー

2020年12月27日IT (情報技術)

無断転載禁止

概要

12TB内蔵ハードディスクドライブ「Seagate ST12000VN0008」を購入したのでレビューしてみました。

  • Model Number: Seagate ST12000VN0008
  • 容量: 12TB
  • プラッタ数: 8枚
  • 回転数: 7200rpm
  • インターフェース: SATA600


転送速度

12TB内蔵ハードディスクドライブ「Seagate ST12000VN0008」の転送速度は次のとおり。

CrystalDiskMark Seagate ST12000VN0008
ソフトウェア「CrystalDiskMark」の画面

Read: 250.92MB/s
Write: 245.95MB/s

今まで所有していた HDD で一番速かったのは、「Seagate ST8000AS0002」(実測値: Read:201.4MB/s, Write:200.8MB/s) でした。

私が所有している 2.5インチ SSD 「Crucial BX500 2.5 SSD 1000GB CT1000BX500SSD1」 (実測値: Read:557.37MB/s, Write:520.95MB/s) よりは遅いですが、半分くらいの速度が出ています。


不良セクタ検査

12TB内蔵ハードディスクドライブ「Seagate ST12000VN0008」の不良セクタ検査の結果は次のとおり。

HDD-SCAN Seagate ST12000VN0008
ソフトウェア「HDD-SCAN」の画面

検査が終わるまでに、17時間25分19秒かかりました。
12TB もあると、不良セクタの1個くらいあるのかと思いましたが、無かったです。


フォーマット時間

12TB内蔵ハードディスクドライブ「Seagate ST12000VN0008」の通常フォーマット等にかかった時間は次のとおり。

注意事項

  • 使用する PC 環境の違いや「不良セクタ」の有無などによって、全く異なる時間になる可能性があります。
  • 時間の前に「」が付いているものは、腕時計のストップウォッチ機能で計測したものです。 (1秒未満切捨て)
    それ以外は、実行したプログラムが表示した「経過時間」、または、「開始時刻」と「終了時刻」の差を掲載しています。

ツールオプションタイム
PC: Windows 10 Pro
コマンド プロンプト
chkdsk /b17時間25分32秒
PC: Windows 10 Pro
ディスクの管理
NTFS, フル フォーマット (通常フォーマット)17時間27分03秒
NTFS, クイック フォーマット7秒
Software: HDD-SCAN Ver2.0不良セクタ検査, 全体17時間25分19秒
Software: Western Digital Data LifeGuard Diagnostics – DLGDIAG for WindowsERASE, FULL (完全消去, ゼロ書き込み)17時間26分56秒
ERASE, QUICK (クイック消去)6秒
TEST, EXTENDED (拡張試験, フルメディアスキャン)17時間25分38秒
TEST, QUICK (クィックセルフテスト)1分02秒

まとめ

音は、それなり。いかにもハードディスクという音がします。静かなわけではない。

2020年12月27日IT (情報技術)

Posted by Atsushi Fukuda (atsushifukuda.jp)