Profile

2020年4月9日

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

Introduction (概要)

このウェブサイトは、 Atsushi Fukuda (atsushifukuda.jp) (茨城県出身。本名)の公式ウェブサイトです。

目次


Profile (プロフィール)

Birth name (出生名)Atsushi Fukuda
Also known as (別名) 同姓同名の他者と区別する目的で、次の表記を使用することがあります (例: 著作者名の表示) :

  • Atsushi Fukuda (atsushifukuda.jp)
  • Atsushi Fukuda JP

Born (誕生日)July 15
7月15日
Origin (出身地) Ibaraki, Japan
茨城県
Genres (ジャンル) Classical music, Heavy metal, Japanese folk music, J-pop
クラシック音楽、ヘヴィメタル、フォークソング、J-POP
Dream (夢) Multi-creator (Artist (Musician (Lyricist, Composer, Arranger)), etc.)
マルチクリエイター(芸術家(音楽家(作詞家、作曲家、編曲家))、その他)
Tools (使用機材)

  • Music Notation Software Sibelius
    楽譜作成ソフトウェア Sibelius

  • Digital Audio Workstation Cubase
    デジタル・オーディオ・ワークステーション Cubase

Musical background (音楽的背景)

  • Participate in the Music Competition of Japan
    日本音楽コンクール 作曲部門 参加

  • Participate in the Silk Road International Orchestra Competition
    シルクロード管弦楽作曲コンクール 参加

  • Participate in the XG SOUND WORLD 2000
    XG SOUND WORLD 2000 応募部門:ソングデータ部門 参加


Musical history (音楽の履歴)

Junior high school days (中学生時代)

  • 中学の入学祝いとして、「Casiotone CT-701」というキーボードを親に買ってもらった。

  • 中学校の音楽の授業でスメタナ作曲「モルダウ」を聴かされ、「こんなに感動的な曲だとは思わなかった」と同級生と共感しあった。

High school days (高校生時代)

  • 高校在学中に「日本音楽コンクール」の作曲部門に応募したかったが、楽曲の完成が間に合わず、応募を断念した。

College days (大学生時代)

  • 大学に入学した頃、秋葉原で、「デジタル シンセサイザー YAMAHA DX7IIFD」、「デジタル シーケンス レコーダー YAMAHA QX5」、および、「マルチトラック カセットレコーダー YAMAHA CMXII」などを購入した。
    全部で40万円だった。
    現在、シンセサイザーは郵便物を置く台になっている。

  • 大学に入学後、「日本音楽コンクール」の作曲部門に応募するにあたり、東京にある「毎日新聞社」の本社へ楽譜を直接持参した。
    応募締切前に、「毎日新聞社」から、「申込用紙を汚損してしまったので、もう一度、送ってほしい」と電話がかかってきた。

After graduating (卒業後)

  • 自分が作った歌を録音したデモテープをレコード会社3社へ送付した。
    「お見送り」の返事が2社から届いた。

  • 自分が作った管弦楽曲を録音したデモテープと手紙を、地方の音楽財団に送付した。

  • 「シルクロード管弦楽作曲コンクール」に応募した。

  • 自分が作った曲の MIDI ファイルを、「XG SOUND WORLD 2000」の「ソングデータ部門」に応募した。
    全ての項目が3点だった。 (5点満点中)

  • 2020年、自分が作った音楽の著作物をインターネット上で公開することにした。


Contact (問い合わせ)

このウェブサイトの管理者に対する意見・要望等は、メニューの [Contact Form] から受け付けています。


  • International Music Score Library Project (国際楽譜ライブラリープロジェクト。IMSLP)

2020年4月9日

Posted by Atsushi Fukuda (atsushifukuda.jp)