「Feren OS」のLive USB作成方法まとめ (設定保存可能)

2019年11月9日Linux (リナックス)

無断転載禁止

概要

いろいろ実験した結果、カスタマイズ変更した設定が保存できる「Feren OS」 (「Linux」ディストリビューション) の Live USB を作ることに成功したので、作成する手順を紹介します。


使用したもの

「Feren OS」の Live USB を作るときに使用したものは次のとおり。

  • 「Linux」ディストリビューション

    • 名称: Feren OS
    • Version: July 2019
    • ISO ファイル名: Feren OS x64.iso
    • ISO ファイルサイズ: 1,866,203,136 バイト

  • フラッシュメモリー

    1. 種類: SD メモリーカード (microSDHC メモリーカード)

      • 容量: 8GB (保存領域の設定: 4090MB)

    2. 種類: USB フラッシュドライブ (USB メモリー)

      • 容量: 2GB (保存領域の設定: 200MB)


手順

手順は次のとおり。

  1. 準備

    まず、次の 3 つを用意します。

    1. USB フラッシュドライブ (USB メモリー)

      • 容量: 2GB 以上 (8GB 以上推奨)
      • 転送速度: なるべく高速なもの (40MB/s 以上推奨)

    2. ソフトウェア「LinuxLive USB Creator」

      公式ウェブサイト: https://www.linuxliveusb.com/ (クリックすると、同じウインドウに表示されます)

    3. 「Feren OS」の ISO ファイル

      公式ウェブサイト: https://ferenos.weebly.com/ (クリックすると、同じウインドウに表示されます)

  2. ソフトウェアのインストール

    1. ソフトウェア「LinuxLive USB Creator」を、 PC にインストールします。

  3. Live USB の作成

    1. ソフトウェア「LinuxLive USB Creator」を起動させます。
      Linux Live USB Creator
      「Linux Live USB Creator」の画面
    2. 「STEP 1 : USB メモリの選択」の下の部分で、「Feren OS」をインストールしたいフラッシュメモリーを選択します。 (赤色の矢印の部分)
      Linux Live USB Creator STEP 1
      「Linux Live USB Creator」の画面

    3. 「STEP 2 : ソースの選択」の下の部分の左の「ISO / IMG / ZIP」をクリックして、ダウンロード済みの「Feren OS」の ISO ファイルを選択します。

      すると、次に掲げるメッセージが「STEP 2 : ソースの選択」の下の部分に表示されます。

      対応リストに無い Linux です。.
      LinuxLive USB Creatorは下記のモードと同じインストールパラメータを使ってトライします

      正規 linux(他のほとんどの linux で使用)(64-bit)

    4. 「STEP 5 : 作成開始」の右側にあるボタン [オプション] をクリックします。 (赤色の丸印の部分)
      Linux Live USB Creator STEP 2
      「Linux Live USB Creator」の画面
    5. ダイアログ [オプション] のタブ [オプション] をクリックします。 (赤色の丸印の部分)
      Linux Live USB Creator STEP 5 OPTIONS
      ダイアログ [オプション] の画面
    6. セクション [インストールパラメーター] のオプション [強制的に右と同じパラメーターを使用する::] (赤色の数字 1 の部分) を選択した後、 プルダウンメニュー (赤色の数字 2 の部分) [>> Linux を選択] の中から、

      [Linux Mint 17.2 “Rafaela" (Cinnamon) DVD]

      を選択して、 最後に右下のボタン [OK] (赤色の数字 3 の部分) をクリックします。
      Linux Live USB Creator STEP 5 OPTIONS OPTIONS
      ダイアログ [オプション] の画面

    7. 次に掲げるメッセージが「STEP 2 : ソースの選択」の下の部分に表示されたことを確認します。

      照合中 OK
      このバージョンは対応済みで整合性が確認されました。
      検出された Linux:

      Linux Mint 17.2 “Rafaela" (Cinnamon) DVD (64-bit)

    8. 「STEP 4 : オプション」の下の部分のチェックボックス [FAT32でフォーマットする(データは消去されます!)] をチェックします。 (赤色の矢印の部分)
      Linux Live USB Creator STEP 4
      「Linux Live USB Creator」の画面

    9. 「STEP 3 : 保存領域の設定」の下の部分で、スライドを動かして保存領域を設定します。 (赤色の矢印の部分) (注意点: 保存領域が大きいと作成に時間がかかります。)

      目安:
      • フラッシュメモリーの容量 2GB: 保存領域の設定 200MB
      • フラッシュメモリーの容量 4GB: 保存領域の設定 2000MB
      • フラッシュメモリーの容量 8GB 以上: 保存領域の設定 4090MB
      Linux Live USB Creator STEP 3
      「Linux Live USB Creator」の画面

    10. 「STEP 5 : 作成開始」の下の部分の左の「雷アイコン」 (オレンジ色の稲妻の絵) をクリックします。

    11. 次のようなダイアログ「お読みください!!!」が表示されるので、●の部分に入る英数字を見て、 Live USB を作成しようとしているフラッシュメモリーに間違いがないことを確認して、下のボタン [OK] をクリックします。

      このUSBメモリをフォーマットしますか?すべてのファイルが消去されます?

      ラベル: (●:)
      サイズ: ●●.● GB
      フォーマット形式: ●●●●

    12. インストールに3分~33分程度、時間がかかります。

    13. 作成が完了すると、次に掲げるメッセージが「STEP 5 : 作成開始」の下の部分に表示されます。

      LinuxLive USBメモリの作成が完了しました!

      これで、終わりではありません。
      次の作業をしないと、カスタマイズ変更した設定が保存されません。

  4. 設定の変更

    1. フラッシュメモリー内に [grub.cfg] という名称のファイルがあるので、それを探して見つけます。

      ファイルの場所は次のとおり。

      フラッシュメモリー > フォルダ [boot] > フォルダ [grub] > ファイル [grub.cfg]

    2. ファイル [grub.cfg] をメモ帳などで開いて、半角スペース1個に続いて、 persistent という英単語を、下記の場所に書き加えます。 (赤色の文字の部分)


      if loadfont /boot/grub/font.pf2 ; then
      set gfxmode=auto
      insmod efi_gop
      insmod efi_uga
      insmod gfxterm
      terminal_output gfxterm
      fi

      set menu_color_normal=white/black
      set menu_color_highlight=white/blue

      menuentry "Start Feren OS 64-bit" {
      set gfxpayload=keep
      linux /casper/vmlinuz file=/cdrom/preseed/linuxmint.seed boot=casper iso-scan/filename=${iso_path} quiet splash -- persistent
      initrd /casper/initrd.lz
      }
      menuentry "Start Feren OS 64-bit (compatibility mode)" {
      linux /casper/vmlinuz file=/cdrom/preseed/linuxmint.seed boot=casper xforcevesa iso-scan/filename=${iso_path} ramdisk_size=1048576 root=/dev/ram rw noapic noacpi nosplash irqpoll --
      initrd /casper/initrd.lz
      }
      menuentry "Start Feren OS 64-bit (nomodeset)" {
      linux /casper/vmlinuz file=/cdrom/preseed/linuxmint.seed boot=casper iso-scan/filename=${iso_path} nomodeset --
      initrd /casper/initrd.lz
      }
      menuentry "Check the integrity of the medium" {
      linux /casper/vmlinuz boot=casper integrity-check iso-scan/filename=${iso_path} quiet splash --
      initrd /casper/initrd.lz
      }

    3. 上書き保存してからファイル [grub.cfg] を閉じます。

  5. BIOS の設定

    1. Live USB で起動させたい PC に、電源がオフの状態で、フラッシュメモリーを取り付けます。

    2. PC の BIOS を起動します。 (BIOS の起動の仕方は、通常、 PC の説明書に書いてあります。電源ボタンを押して、 企業ロゴが表示されている間に、キー [Delete] を叩く場合やキー [F2] を叩く場合などがあります。)

    3. BIOS の画面で、次のように設定をします。 (下の2つの項目は、別々の画面で設定するようになっている場合があります。)

      1. 外部ドライブからのブートを利用可能にする。 (この機能がデフォルトで有効化されているために、項目自体が存在しない場合があります。その場合は次の設定へ進みます。)

        例:
        変更前: External Drive Boot: [Disabled] (無効化)

        変更後: External Drive Boot: [Enabled] (有効化)

      2. ブートするデバイスの優先順位 (Boot Option Priority) の設定で、他の OS が入っているデバイスよりも、フラッシュメモリーの順位を上にする。

        例:
        変更前:
        Boot Option #1 [UEFI CD/DVD]
        Boot Option #2 [UEFI Removable Device]
        Boot Option #3 [UEFI Hard Drive: ●●●●] (←●●●●の部分は、 HDD または SSD のメーカー名・型番など)
        Boot Option #4 [UEFI USB Hard Drive: ●●●●] (←●●●●の部分は、フラッシュメモリーのメーカー名・型番など)

        変更後:
        Boot Option #1 [UEFI CD/DVD]
        Boot Option #2 [UEFI Removable Device]
        Boot Option #3 [UEFI USB Hard Drive: ●●●●] (←●●●●の部分は、フラッシュメモリーのメーカー名・型番など)
        Boot Option #4 [UEFI Hard Drive: ●●●●] (←●●●●の部分は、 HDD または SSD のメーカー名・型番など)

    4. 変更した設定を保存してから BIOS を終了させます。 ([Save & Exit] (保存してから終了) は、キー [F10] に割り当てられている場合があります。)

  6. 確認

    1. フラッシュメモリーを取り付けた状態で、 PC の電源をオンにします。

    2. 青色または黒色の背景に白色の文字でメニュー画面が表示されたら、一番上の項目 (Start Feren OS 64-bit) を選択します。

    3. 「Feren OS」が起動したら、カスタマイズしてみます。 (デスクトップの壁紙をプリインストールされている別の壁紙に変更するなど)

    4. PC を再起動させて、カスタマイズ変更した設定が保持されていることを確認したら、作業は終了です。


まとめ

  • 「Feren OS」の場合、「STEP 3 : 保存領域の設定」で領域を「4090MB」に設定すると、完成後の使用領域は約 6GB になります。

  • Live USB は、ソフトウェアのインストールは、ほとんどできません。

    例: カスタマイズ (ソフトウェアの削除を含む) をした後に、「Google Chrome」、「Mozilla Firefox」、「Mozilla Thunderbird」のインストールはできたものの、画像編集ソフトウェア「GIMP」をインストールしようとした段階で空きスペースが「無し」でエラーとなりました。

  • Live USB は、SD メモリーカードでも作成できる。 (ただし、 USB フラッシュドライブ (USB メモリー) ではブートできるが、 SD メモリーカードではブートできない PC もある。)

  • カスタマイズ変更した設定を保存できない場合は、このページに記載している手順を上から順番に実行してください。


2019年11月9日Linux (リナックス)

Posted by Atsushi Fukuda (atsushifukuda.jp)